生活保護を受給している人が

生活保護を受給している人が債務を整理を頼向ことは一応出来ますが、利用する方法については限られていることがやはり多いです。また、弁護士サイドも依頼を断る可能性もあるので、実際に利用できるのかどうかをしっかり考えた上で、依頼なさって下さい。
一般的に、債務整理は弁護士に頼向ことになると思いますが、その時に委任状が必要になります。これは、債務者の権限を弁護士に委任するという契約を結ぶために使われます。依頼者が弁護士と委任契約を交わした後には、担当する弁護士が、受任通知を各業者に送付し、取りたてを止めてもらえるでしょう。委任契約が結ばれると、弁護士は、法に則って、依頼者の代理人として、すべての手続きを行ってくれます。
債務整理の際には、弁護士や司法書士などに依頼することが一般的ですが、お金が必要になります。借金を抱えているから依頼したいのに、どうしてお金を取られるのかという気もちになるとは思いますが、ボランティアではありませんから、割り切りましょう。ですが、彼らも状況を掌握していますから、支払方法を分割や後払いに変更可能など、柔軟に対応してくれる事務所も多いです。

初めにちゃんと相談するようにしてください。

財形貯蓄とは、月々の給与から天引きによって貯蓄を行うことです。
自己破産によって債務を整理した時は、財形貯蓄されている金額と手もとにあり自由に使える分のお金の合計が法上に定めのある最大限度額をオーバーしたら、解約した上で超過分を処分する必要が生じます。 さらに、上限額に達していない時でも、裁判所に残高証明を提出しなければなりません。

これを入手するには取引先金融機関か勤務先に申請すればOKです。
借金返済方法について